読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ジャンプ部屋ブログ

1994年頃から捨ててないジャンプで何かをしたいです。

スポンサーリンク

高額所得者のお笑い芸人を生活保護費『不正受給』のように報じたTV番組がBPO行に。


【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

以下のニュースを読みました。

人気お笑い芸人の母親の生活保護受給をめぐる報道で放送倫理違反があったとして、生活保護問題の専門家らが来月上旬、一部の民放テレビ局の放送内容を審議するよう放送倫理・番組向上機構(BPO)の放送倫理検証委員会に要請する。「極めてレアケースである高額所得の息子の道義的問題を『不正受給』であるかのように報じた一連の報道は、社会的に困窮した状態にある多くの人への誤解や偏見を助長した」と批判している。
現行法では、親族による扶養が生活保護の受給要件になっていないにもかかわらず、芸人の会見映像とともに「追跡 生活保護“不正受給”問題の闇」といったテロップを流したり、コメンテーターが「安易に受け取らないモラルが必要だ」などと発言したりしたことを問題視している。
http://www.asahi.com/national/update/0831/TKY201208300744.html

いいぞ!もっとやれ!

と最初に頭に浮かんだのですが、当時のテレビ、ネットを含めた狂いっぷりは、恐ろしかったな、と思いました。もう忘れましたが、政治家の誰かが『自己責任』という言葉を連呼していた時に、近い雰囲気があったような…。

結局のところ、福祉事務所を通して、相談して、仕送り額とかを決めていたのに、『不正受給』という印象を与えようとしたメディアは何だったのか?

世の中には、息子が金持ち、親が生活保護受給なんて世界とは、程遠い金持ちも沢山いると思うのですが…。

親子、親戚の扶養義務のあるなしだと思うのですが、多分、批判の対象になる人の方が少なくて、また、マイノリティーを叩くことで…世論を…という気がします。

あの炎上とも言える状況に乗っかると…もしも、自分が同じ立場になった時に・・・。自分を苦しめるだろうな・・・。