読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ジャンプ部屋ブログ

1994年頃から捨ててないジャンプで何かをしたいです。

スポンサーリンク

神戸市教委、体罰で肋骨を折った顧問を懲戒処分に。体罰とは暴力じゃないのか?


【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

大阪での一件があってから『体罰』関係のニュースが多くなっておりますが、ついさっき、そのニュースを読みました。

読んだニュースです。

体罰とは何なのか?教諭と生徒間で行われる暴力じゃないのか?

この記事に対して「体罰という言葉を絶滅させないといけないな。暴力やん。」というはてなブックマークコメントを残したのですが…。想ったのは…。

体罰とは暴力じゃないのか?

ということでした。平手打ちも、勿論、暴力ですが、それ以上に「ひどい」と思った『行為』をニュースから引用してみます。

腹部を拳で殴ったりして約1か月のけがを負わせた。
足を蹴って転倒させるなどした。

…これって、教諭と生徒という関係性があるから、『体罰』とギリギリ表現できますが、単純に大人と子どもの関係性だけで考えたら、「ムカついたから暴力を振るった」ということになるのじゃないか?と思えました。

『体罰』という言葉に隠れて、大人が子どもに暴力を振るっている…そんなことが、そこらここらで起きているのじゃないか?と思うと、怖くなりました。