読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ジャンプ部屋ブログ

1994年頃から捨ててないジャンプで何かをしたいです。

スポンサーリンク

スラムダンク思い出&あらすじ・バスケットボールを始めるきっかけに…ネタバレ注意。


【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

寄稿を頂きました。

バスケットボールを始めるきっかけになった漫画「スラムダンク」

週刊少年ジャンプと聞いて真っ先に浮かぶのはやはり「スラムダンク」。
掲載当時は家族全員がハマってしまい、後にコミック本も全巻揃えたほどです。
このとき初めて漫画の「大人買い」というものを経験しました(笑)

掲載当時私は小学生だったのですが、スラムダンクを読んで
中学校の部活は絶対にバスケットボール部に入ろう、と決意したのを覚えています。

入学した中学校のバスケットボール部は弱小チームでしたが、
今でもそのチームメイトと食事に行ったり遊んだり、とよい関係を保つことができています。

印象的なシーンは、不良の道に進んでしまいバスケットを辞めてしまった
三井が高校の体育館に現れ、暴れるシーンです。
おそらくこのシーンが印象に残っているという人も多いのではないでしょうか?
最後に三井が安西先生に言った、「バスケがしたいです」というセリフも忘れることができません。
このシーン以来、今でもミッチーこと三井寿の大ファンです!!