読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ジャンプ部屋ブログ

1994年頃から捨ててないジャンプで何かをしたいです。

スポンサーリンク

打ち切り!?バリハケン(鈴木信也)漫画感想・主人公の御手洗団吾(みたらしだんご)は美少女ゲームが好きで…ネタバレ注意。


【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

寄稿頂きました。

バリハケン(鈴木信也)

少し前、と思っていましたがけっこう前なんですね
四年ぐらい前にジャンプに連載されていた「バリハケン」という漫画が好きでした
友達の家に遊びに行った時に読んだジャンプに掲載されていたのが出会いでしたが、もともとサブカルチャーが好きだった僕には、随所にちりばめられた小ネタがとてもニヤニヤと共感できるものばかりで、ジャンプにこんな漫画が掲載される日が来たんだなと感動したのを覚えています

主人公の御手洗団吾(みたらし だんご)は美少女ゲームが好きでイベントにも参加するような典型的な「オタク」なのですが、ひょんなことから不良たちの番長に祭り上げられる。そんな流れなのですが、とにかく最初から最後までギャグを盛り込んでいて理不尽なスポーツや挑戦などが描かれていたのが印象に残っていますね。
とくに当時ウケたのは、お尻を叩くみたいな「おしりペン道部」(合ってるか不安ですが・・・)
「おしりペン道」という言葉の持つ謎の響きにすごく惹かれました

友達が単行本も買っていて、それを読むためによく遊びに行ったのはいい思い出です(笑)