読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ジャンプ部屋ブログ

1994年頃から捨ててないジャンプで何かをしたいです。

スポンサーリンク

黒子のバスケ第19巻第169話「そーゆーことだろ」感想&あらすじ・黒子が火神と氷室の試合後のやり取りについて説教するシーン…ネタバレ注意。


【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。
  • 藤巻忠俊

一言感想

紫原の涙が「それ」を証明!!

面白いところ。

文字通り死闘となった陽泉高校VS誠凛高校の1戦も黒子のブロックによって決着!!激しくやりあった誠凛・木吉と陽泉・紫原。木吉の「またやろーな」の言葉に「オレもうバスケやめるし」と言うも・・・ベンチで流した涙が自分の中の本当の答えだった!そして次はいよいよ海常高校「キセキの世代」黄瀬涼太の登場!いつも以上に入っていた気合には理由があった・・・それはとある男の存在だった・・・!

好きなところ。

黒子が火神と氷室の試合後のやり取りについて説教するシーン(笑)試合が終わったその時、2人は互いに本当の気持ちを出さなかったことを黒子君はお見通しです!

好きなキャラ。

黒子テツヤ・・・すごい素の顔で怒ってます(笑)

好きなエピソード。

「キセキの世代」の中でも圧倒的な潜在能力を持ちながらバスケに対する愛情が全くないと思われていた紫原敦ですが最後の涙からも解かる様になんだかんだ「バスケが好き」だったんですね~。ただその事を自分の中で消化するのに随分時間がかかってしまっただけで。つぎ戦う時は今回の対決より苦労しそうだなぁ・・・

おすすめ。

選手それぞれの思惑が複雑に絡んだ一戦でしたがその絡んだもの全てが綺麗にほどけていきましたね。ホッとしているのも束の間・・・またややこしいヤツが出てきました!!

その他。

灰崎祥吾はかなり危ない雰囲気充満していますね・・・。