読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ジャンプ部屋ブログ

1994年頃から捨ててないジャンプで何かをしたいです。

スポンサーリンク

Happy!ハッピー第2巻SET10「鳳vs鰐淵」(浦沢直樹)感想&あらすじ・蝶子の嫌がらせに関してはここまで来ると姑息と…ネタバレ注意。

寄稿 ビックコミックス

【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

一言感想

蝶子の嫌がらせに関してはここまで来ると姑息としか言えない展開でもないかと思います。

面白いところ。

ドロボー扱いされた幸でもあるものですが、この逆境にも負けない展開にもこれからどの様になってくるかが分からないものでもあるのではないかと思います。

好きなところ。

この蝶子の表情の変化が激しい展開がかなりイヤにもなってくるものではないかと思います。私自身もこの展開は「えっ!?」と感じるものですし、いかに自信が無いものではないかと思います。

好きなキャラ。

海野幸、鳳圭一郎、鳳唄子

好きなエピソード。

お菊さんが他のメンバーに説得する姿は納得出来る場面でもあるのではないかと思います。この変わりように関しては思わず「えっ!!」と感じるものではないかと思います。

おすすめ。

やはり、強者には様々な嫌がらせもあるものですがこれにも負けない展開がかなり「凄い」と感じるものです。

作品に関する思い出。

テニスには知らない方でもこのサクセスストーリーは見応え感があるものではないかと思います。この話は見て行く事で理解出来る部分もあるものではないかと思います。

作者に関して。

心理面に関しては見応え感があるものですが見方を変えるとなればマイナスな事でもあるのではないかと思います。

その他。

最初は鳳と鰐淵の会談から始まったのですが、この内容に関しては思わず唖然とする展開でもあるものではないかと思います。