読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ジャンプ部屋ブログ

1994年頃から捨ててないジャンプで何かをしたいです。

スポンサーリンク

Happy!第8巻SET2話「泣いてなんかないよ」(浦沢直樹)感想&あらすじ・圭一郎と共に行動している「雛さん」は心優しい方でも…ネタバレ注意。


【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

一言感想

幸のピンチにどの様になっていくのかがカギにもなって来るのではないかと感じるのです。それに、心の支えにも繋がりが出来るのではないかと感じるものです。

面白いところ。

追い出されてもめげない弟達でもあるのです。この展開はある意味心強いのではないかと感じるものです。

好きなところ。

圭一郎と共に行動している「雛さん」は心優しい方でもある様に感じるものです。読者でも安心感があるのではないかと感じるものです。

好きなキャラ。

海野幸、桜田純二、鳳圭一郎

好きなエピソード。

最後まで蝶子の思う壺になってくる展開については納得しにくい部分もあるものではないかと感じるものです。

おすすめ。

追い出されてもハングリーさを出していく展開に関しては納得されているものではないかと感じるものです。幸の気持ちを考えると切なさも感じるものです。

作品に関する思い出。

傷だらけになりながらも桜田は幸の為に動こうとするシーンはこの人物ならではのやり方にも納得の部分もあるのではないかと感じるものです。

作者に関して。

この話しに関しては「大切な人物」に関する事を考えさせられる事にもなって来るのではないかと感じるものです。

その他。

アパートを追い出された事で途方になってしまう展開にもなってくるのですが、ここからの形で変わって行くのは見応え感がある様に感じるのです。