読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ジャンプ部屋ブログ

1994年頃から捨ててないジャンプで何かをしたいです。

スポンサーリンク

Happy(ハッピー)!第8巻SET5話「美談だぁねえ!!」(浦沢直樹)感想&あらすじ・蝶子はここでも姉妹を言いくるめようとする展開…ネタバレ注意。

寄稿 ビックコミックス

【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

一言感想

幸は「恩義」を感じて一生懸命に働こうとするのですが、この中でも「テニス」に関しては忘れない事は良い事でもある様に感じるものです。

面白いところ。

蝶子はここでも姉妹を言いくるめようとする展開には「悪者」と言いようがない展開にも感じるものです。ここからどの様な形でなってくるのかが見物でもある。

好きなところ。

やっとの思いでテニスに関わろうとするのですが、この時には「ヒッティングパートナー」として行うとする展開は「えっ!」と感じるものです。

好きなキャラ。

海野幸、鳳圭一郎、賀来菊子

好きなエピソード。

やっとケガから復帰した菊子でもあるのです。ここで圭一郎と話している場面に関しては「心配」以上に感じる部分もあるものです。

おすすめ。

幸自身はテニスが無いといけない体になっているのは「しみ込んでいる」と言う感覚にもなってきている様な感じにもなって来るものです。プロとしての実力も増す時期ではないかと感じるのです。

作品に関する思い出。

双子の性格は揃っているものです。ですが、見方を変えると何とも似すぎて見わけもつかない展開にもなってくるものです。

作者に関して。

人間の底力を感じる話ではないかと感じる内容にもなるものです。

その他。

巻頭から二小山の小姑満載の展開から始まるものです。ですが、この展開に関しては何とも言えない様な感覚にもなってくるものです。