読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ジャンプ部屋ブログ

1994年頃から捨ててないジャンプで何かをしたいです。

スポンサーリンク

名探偵コナン『容疑者か京極真(前編)』感想&あらすじ・テニスをするために軽井沢へ来るけど、雨のために…ネタバレ注意。 #アニメ

寄稿 少年サンデー アニメ

【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

6/28放送 名探偵コナン『容疑者か京極真(前編)』

コナンたちは、テニスをするために軽井沢へ来るけど、雨のためにテニスができず断念。
その代わりに、みんなでボーリングをすることになった。
そこには、園子の彼氏である京極真も来ていた。
そして、そのボーリング場で知り合った中学校教師3人のうち体育教師である男性教諭・丹波が死体となって、見つかった…。

掻い摘んでみると、こんなような話ではあるけれど私的には園子と真のカップルの初々しさというかラブラブっぷりに、笑ってしまったのです。
ボーリング場で園子の服装を指摘したらオフショルダー+見せブラだと言われて顔を真っ赤にしたり、ボーリングでボールを投げる時に園子に応援されて、投げたボールはピンを倒すことなくその上の壁にぶつけてボールをめりこませたり…。
めり込ませた時には、思わず『んなアホな…』と突っ込んでしまいましたが…。
挙げ句の果てには、事件の被害者である丹波と面識がありボーリング場に来る前に、イザコザがあったということで、容疑者にされてしまった真を『そんな事する人じゃない!』という証明ができるのか?と警察に聞かれて言った言葉が『カッコ良くて、優しくって、いい人なんだからぁーー!!』(違うとこがあるかもですが…)と証明になるのかならないのかわからない事を叫んだ園子に対して、真っ赤になったり…(普通、なりませんけどね(笑))

本編内では殺人事件が起きているにも関わらず、園子と真の2人のやり取りにアニメなのに『青春だねぇ』と思ってしまいました。
後編がどうなるのか、ちょっと楽しみです!