読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ジャンプ部屋ブログ

1994年頃から捨ててないジャンプで何かをしたいです。

スポンサーリンク

黒子のバスケ28巻第3話「まだゆずる気はありません」(藤巻忠俊)感想&あらすじ・黒子と黛がマッチアップするのです…ネタバレ注意。

寄稿 黒子のバスケ

【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

一言感想

黒子が登場するのですが、周囲の展開はかなりきつめにもなってくるものです。

面白いところ。

メンバーチェンジしてから早速行動するのですが、ここで意外な人物とのマッチアップをするのです。ここからどの様になってくるかがカギにもなってくるものです。

好きなところ。

黒子の一言「勝ちたい」と言う展開については妙な感覚にもなってくるものです。2年生にも「ハッパ」を掛ける事にもなってくるものです。

好きなキャラ。

黒子テツヤ、火神大河、キセキの世代

好きなエピソード。

黒子と黛がマッチアップするのです。黛自身は気に入らない展開に急ごうとするのは「まだまだ」と感じるものです。

おすすめ。

黛は黒子が来る事で自分にはどの様になってくるかが「不安」が強くなってくるものです。いち早く気づくのは誰になってくるかも期待感を持ちたいと感じるものです。

作品に関する思い出。

黒子の特性についても復活する事になったのです。それと同時に黒子の覚悟を聞くのは必見にもなってくるのではないかと感じるものです。

作者に関して。

選手たちの気持ちは経験が無い方でも分かる様にも感じるものです。それに、ここからの展開にも期待感を持てる様にもなって来るものでした。

その他。

黒子の特性「かげの薄さ」が消えかけている展開になってくるものです。周囲の関心もかなり変わって来る様にもなっているものです。