読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ジャンプ部屋ブログ

1994年頃から捨ててないジャンプで何かをしたいです。

スポンサーリンク

ハンターハンター№346感想&あらすじ・ネタバレ注意!クラピカとレオリオを加えた新しい十二支んが発足…週刊少年ジャンプ感想33号2014年

ジャンプ感想 HUNTER×HUNTER 寄稿

【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

ハンターハンター№346「選択」(冨樫義博)ジンの人柄

【1】クラピカとレオリオを加えた新しい十二支んが発足しました。クラピカの頭脳とレオリオの人情が新たな力となるでしょう。新メンバー顔合わせを兼ねた会議の場でクラピカは頭脳を見せつけました。クラピカは「ハンター協会内部にビヨンドの仲間がいる。何人目星ついている?」と切り込みました。情報整理能力が凄いです。

ハンター協会としてはビヨンド側に情報が漏れることは避けたいです。直近のハンター試験でもビヨンド側の人間を合格させるわけにはいきません。また、十二支ん内部にも内通者がいる可能性があります。クラピカの頭脳は早々に役に立ちそうです。
【2】ジンがビヨンド側に入ってから約1ヶ月が立ちました。人柄もあり、早くも溶け込みつつあります。当初ビヨンド側の大多数はジンの受け入れに難色を示しました。しかし時間の経過とともにお互いに認め合い、絆を深めつつあります。ジンの発言はストレートすぎる時もありますが、思いやりがあり、決して裏切りません。そんなところに惹かれていくのだと思います。
【3】ジンとパリストンの心理戦も忘れてはいけません。対話を楽しみにしています。