読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ジャンプ部屋ブログ

1994年頃から捨ててないジャンプで何かをしたいです。

スポンサーリンク

黒子のバスケ28巻第6話「まだ必要だ」(藤巻忠俊)感想&あらすじ・洛山は「黛の交代」が濃厚ですが赤司には策略が…ネタバレ注意。#マンガ

寄稿 黒子のバスケ ジャンプコミックス

【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

一言感想

洛山は早めにタイムアウトを取る事になったのです。それに伴い敵陣内にも影響が出やすいものではないかと感じるものです。

面白いところ。

このタイムアウト内でもかなり両極端の感覚にも感じるものです。洛山は「黛の交代」が濃厚ですが赤司には策略が有る様にも感じるものです。

好きなところ。

誠凛内でのタイムアウトはかなりユニークな展開にも思えてくるものです。普段なら「日向」が言うべき所が木吉が言っているのは思わず笑ってしまうものです。

好きなキャラ。

黒子テツヤ、火神大河、木吉鉄平

好きなエピソード。

敵チーム内では「黛の交代はしない」と言う展開にもなってくるものです。最初に見た時には「えっ!?」と感じるものですが、ここで赤司の狙いが見えてくるものでした。

おすすめ。

赤司は黛を勝利への「道具」として使う事のみを考えているのです。傍から見れば何とも言えない感覚にもなってくるものでした。

作品に関する思い出。

「チームの為に」と言うのですがこの勢いについてはどちらが乗っていけるのかが分かる様にもなってくるものではないかと感じるものです。

作者に関して。

このまま引き下がっていく誠凛ではないかと思いますがこのまま策略にも見つからないのは気になってくるものでした。

その他。

攻撃が繋がり始まるものです。オープニングでは木吉のダンクから始まったのです。それから王者洛山に立ち向かうのかがカギにもなってくるものです。