読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ジャンプ部屋ブログ

1994年頃から捨ててないジャンプで何かをしたいです。

スポンサーリンク

黒執事book of circus第4話/感想・世界観を守ることを徹底しており、キャラクターの衣装、小物や建物の装飾など細部まで…ネタバレ注意。 #アニメ


【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

黒執事 book of circus 第4話 その執事、同僚

ヨーロッパを舞台とした自分とその家族を殺害した犯人に復讐を近い、悪魔と契約をした女王の番犬と呼ばれる貴族の少年と執事と扮した悪魔がさまざま事件を解決していくダークファンタジー。
アニメは世界観を守ることを徹底しており、キャラクターの衣装、小物や建物の装飾など細部まで凝った演出がされている漫画の世界を壊さないよう演出がされています。

キャスティングも原作のファンの期待を裏切らない方々が選ばれていると思います。
物語の中心人物、悪魔で執事のセバスチャンの声はセクシーな声のイケメンキャラなら最初に思い浮かぶ小野大輔さんが演じていらっしゃいます。
ほかにもOP、EDの曲もこだわっていると思います。
アニメ第一期のOPテーマでメジャーデビューされたシドが再び今回のシリーズのOPテーマを担当されています。
アニメのストーリーを思わせる歌詞、曲調がとてもかっこいいです!
OPとEDのアニメも物語のイメージ、今回のエピソードをうまく取り入れられているのでOPとEDだけで1つの作品として成り立つクオリティとなっています。
原作があるアニメはほぼ原作通りにアニメが作成されますが、今回の黒執事はサーカスがストーリーのメインになるため、サーカスの演目をつかった幻想的な演出が追加されていて、よりダークでミステリアスな雰囲気がでています。
残酷なシーンもポップで夢のある世界観と合わせることによりより怖さが際立った作りとなっています。
漫画のみしか知らないかたもアニメオリジナル要素が原作の雰囲気を壊さないよう追加されているので楽しめると思います。