読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ジャンプ部屋ブログ

1994年頃から捨ててないジャンプで何かをしたいです。

スポンサーリンク

流川が桜木にパスを出し、ブザービーターでシュートを決めて…スラムダンク/最終回感想&あらすじネタバレ注意!…。 #懐かしのアニメ

寄稿 SLAMDUNK アニメ 最終回感想

【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

大人気を誇るスラムダンクの感動の最終回

今でも人気アニメと言ってもいい、漫画のスラムダンクの最終回が大好きです。山王という絶対王者に挑む湘北ナイン。この試合は素人だった桜木花道の活躍が見所と言ってもいいと思います。負けず嫌いで常に全力プレーする姿が心に残ります。

しかし、ラインからボールが出てしまう時にボールを追っかけて腰を強打してしまいます。一時はベンチに戻りますが、監督に自ら出ると言ってコートに戻ります。試合に負けたくないという強い気持ちが大きいのでしょう。入部当時から桜木がライバル視していた天才流川楓。この2人はよく口ケンカをし、試合中お互いにパスもしたことがありませんでした。この試合の終了間際、ボールを追っかけて倒れながら流川にパスを出しました。このプレーを見たチームメイトはもちろん驚きましたし、読者もビックリしたでしょう。そして試合終了まで残り数秒、今度は流川が桜木にパスを出し、ブザービーターでシュートを決めて逆転勝ちをしました。試合が終わり、桜木が流川に歩み寄りハイタッチをしたシーンは最大の見所であり、感動しました。この試合は何度見ても泣いてしまいます。