読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ジャンプ部屋ブログ

1994年頃から捨ててないジャンプで何かをしたいです。

スポンサーリンク

重版出来!全3巻(松田奈緒子)感想&あらすじ・主人公の黒沢心という就活生、出版社に面接にいく場面から始まります…ネタバレ注意。 #マンガ


【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

感想

主人公の黒沢心という就活生がある出版社に面接にいく場面から始まります。日体々大学女子柔道部にに所属していた彼女は思いっきり体育会系。面接官に言われるがまま腕立て伏せを200回やったりしようとするくらいものすごい体力でひょんなことからその出版社の社長を背負い投げしてしまいます。

次の日、「落ちた」と嘆く彼女のもとに採用通知の電話が。やる気がある、というより力を持て余している感じがものすごくエネルギッシュで驚くことにこっちまでやる気と力をもらえます。初めのシーンでの面接官たちの態度には本当に呆れかえりますが、その態度にも物怖じせず挑んでいく主人公の姿は並みの男子主人公よりも断然かっこいいです。入社後も様々な問題にあたりますが、彼女なりに考えた結果はまっすぐで、でも危なっかしい感じやまっすぐというだけでなにも考えなしとかそういうことではなくぱりっとした意見ですごいなあと純粋に思います。面接の時の筆記テストが満点だったということもすごいです。こんな素晴らしい人材はヘッドハンティングなどでどんどんいいところに引き抜かれていくので周りも妬みもなにもなく応援してしまうと思います。体力もあって素直で賢いなんてそれ以上に最高の社員なんていないと思います。経営者や一緒に働ける人が羨ましいです。