読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ジャンプ部屋ブログ

1994年頃から捨ててないジャンプで何かをしたいです。

スポンサーリンク

千秋真一(ちあきしんいち)のだめカンタービレの感想・幼い頃にウィーンに行き、オーケストラの指揮に興味を持つ…(好きなキャラ:ネタバレ注意)。 #COMIC


【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

のだめカンタービレ 千秋真一 指揮もピアノもバイオリンも出来る才能の持ち主。

千秋真一(ちあきしんいち)

幼い頃にウィーンに行き、オーケストラの指揮に興味を持つ。
父は、世界的に有名なピアニスト、千秋雅之と有名な指揮者、セバスチャーノ・ヴィエラ先生が友人同士でよく演奏会に行くことがあり、自分も指揮がしたいからと千秋真一は、セバスチャーノ・ヴィエラ先生に弟子にしてほしい!と頼みこみ、晴れて弟子になり、またウィーンにおいでと師匠に言われる。

幼少期に飛行機事故があり、そのことがトラウマになり飛行機恐怖症、船舶恐怖症のため、留学も出来ないまま、指揮者を目指しながらも日本の音大に通う。
そのあと、有名なシュトレーゼマンに出会い、弟子になり、指揮をすることに。
飛行機に乗れないことを知っていた、大学の後輩の野田恵が催眠術で千秋真一が飛行機に乗れるようにし、のちに、フランスに留学ができた。
千秋真一は、幼少期からピアノ、バイオリンとプロに匹敵する腕前の持ち主だったが、指揮者の道を切り開き、ルー・マルレ・オーケストラの常任指揮者になることができ、幅広く活躍している。