読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ジャンプ部屋ブログ

1994年頃から捨ててないジャンプで何かをしたいです。

スポンサーリンク

アンバー(DARKER THAN BLACK-黒の契約者-)の感想・黒(ヘイ)についての秘密を握っているキーパーソン…(好きなキャラ:ネタバレ注意)。 #COMIC


【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

アンバー(DARKER THAN BLACK-黒の契約者-)

DARKER THAN BLACK-黒の契約者-(以下「DTB」)には、論理的な思考を持ち、人間的な感情を失った特殊能力者「契約者」が数多く登場します。
私の紹介するアンバーというキャラクターはその契約者の中でも異端な存在で、随所に人間としての感情が残っている描写がされています。

彼女はDTBにおける主人公・黒(ヘイ)についての秘密を握っているキーパーソンですが、「黒を守りたい」「そのためなら自分が恨まれることも厭わない」という想いがとても強いキャラクターです。
DTBでは契約者はそれぞれ特殊な能力が使えますが、代わりに「対価」としてそれぞれ特定の行動を強いられたり、心身に変化が起きるとされています。
アンバーの能力は「時間を操る」ことで、対価は「若返る」こと。
本編では当初10代前半くらいの少女の姿で登場しますが、回想シーンの中で大人の女性の姿(対価により若返る前の姿)で登場し、ストーリー終盤には幼女の姿となり、最終的にはその対価によって消滅してしまいます。
最期まで黒を想い、黒のために生きたアンバーの最期は、涙なしには語れません。