読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ジャンプ部屋ブログ

1994年頃から捨ててないジャンプで何かをしたいです。

スポンサーリンク

DEARBOYS[力と力、技と技・瑞穂対本牧東]SCENE57「本牧の誤算」(八神ひろき )感想&あらすじ・ライバル同士の試合に関しても熱望にもなってくるもの…ネタバレ注意。 #マンガ


【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

一言感想

熱い展開になってくるものです。ライバル同士の試合に関しても熱望にもなってくるものでした。

面白いところ。

点の取り合いにもなってくるのですが、観戦している側としては高ぶってくるものです。哀川ばかりが注目されてくるものですが、他のメンバーにも頑張ってと感じるものでした。

好きなところ。

お互いに良い所ばかりが目立つ試合運びになってくるものですが、決め手にも欠けている様にも思う部分があるのも納得出来るものです。

好きなキャラ。

哀川和彦、藤原拓弥、保科唯斗

好きなエピソード。

ポイントガードとして草野と藤原が張り合う展開にもなってくるものですが、なかなか面白くもなってくるものです。

おすすめ。

お互いにランニングプレイが進行するものですが、この話では藤原の展開が目立つようにも感じるばかりでもあるものです。

作品に関する思い出。

白熱した試合運びになってくるのは納得出来る場面にもなってくるものです。果たしてこの試合に関してはどの様になってくるかが期待感を持てれば良いのではないかと思います。

作者に関して。

果たしてこの試合運びについてはかなり熱くもなってくるものではないかと思います。なかなか読者にもワクワクするものではないかと感じるものです。

その他。

高校バスケは最後まで展開が分らないものです。ライバル同士の試合展開には指揮官の采配にもカギを握ってくるものではないかと感じるものです。