読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ジャンプ部屋ブログ

1994年頃から捨ててないジャンプで何かをしたいです。

スポンサーリンク

DEARBOYS[力と力、技と技・瑞穂対本牧東]SCENE59「消耗戦」(八神ひろき)感想&あらすじ・藤沢がディフェンスの要にもなってくるものですが…ネタバレ注意。 #マンガ

少年マンガ 少年マガジン 寄稿

【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

一言感想

このまま静かに進んでいく事は無いと思いますが本牧は上手く行くかが期待するものです。

面白いところ。

藤沢がディフェンスの要にもなってくるものですが逆に藤原が展開を変える為に動くのは面白味にもなってくるのです。

好きなところ。

角松からディフェンスの綻びが始まるものですがこのまま嫌な展開で進んでいくのは無いと感じるものです。藤原の策略にも良い事にもなってくるものです。

好きなキャラ。

哀川和彦、藤原拓弥、保科唯斗

好きなエピソード。

哀川を見に各ライバル達が観戦しにくるものです。それに負けない展開も読者はワクワクするものです。この試合についても個人的には楽しみにもなってくるものです。

おすすめ。

デイフェンスの綻びが出た所を保科がカバーするのですが、哀川のダンクで展開もかなり変わって来る様にもなってくるものです。

作品に関する思い出。

この話しについては大事な局面でもあるのです。その中でも選手の気力については大事にもなってくるものではないかと感じるものです。

作者に関して。

この作者については試合の心理をきちんと理解されている様にも感じるものです。いろんな作品を拝見するのですがかなりワクワクするものです。

その他。

ディフェンスが上手く行く事でオフェンス力もかなり上手く行く事になってくるものですが果たしてこのまま上手く行くかがカギにもなってくるものです。