読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ジャンプ部屋ブログ

1994年頃から捨ててないジャンプで何かをしたいです。

スポンサーリンク

DEARBOYS[力と力、技と技・瑞穂対本牧東]SCENE63「Cool it」(八神ひろき)感想&あらすじ・交代を告げられた事で冷静さを失った保科でもあるのですが、藤沢の一言で…ネタバレ注意。 #マンガ


【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

一言感想

エースが一旦退くのですが、コートサイドで見るのでは考え方にも変化が出てくるものでした。瑞穂は突き放す事が出来るのか!?

面白いところ。

交代を告げられた事で冷静さを失った保科でもあるのですが、藤沢の一言で考え方にも変化が出てくるものでした。さすがキャプテンでもある様にも感じるものです。

好きなところ。

コートの外から試合を見ている事で冷静さを取り戻す事にもなってくるものです。保科のメンタルはまだまだの様にも感じるものです。

好きなキャラ。

哀川和彦、藤原拓弥、保科唯斗、藤沢守

好きなエピソード。

藤原が4ファールをしてしまうのは意外にも感じるものですが、この緊張感が増す中で果たして終了まで持つのかがカギにもなってくるものです。

おすすめ。

冷静さを取り戻した保科がコートに戻って来る事で雰囲気もがらりと変わってくるものではないかと感じるものです。チーム力が強く感じるばかりでもあるものです。

作品に関する思い出。

バスケはチーム力がかなり試される事にもなってくるものではないかと感じるものです。この本牧の結束力はある意味羨ましいのではないかと感じるものです。

作者に関して。

4ファールとなってくると緊張感もかなり増してくるのではないかと感じるものです。カバーをするのですが果たして好結果にも繋がってくるか!

その他。

藤原がファールをしてしまう事で一気に緊張感が増してくるものです。