読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ジャンプ部屋ブログ

1994年頃から捨ててないジャンプで何かをしたいです。

スポンサーリンク

DEARBOYS[力と力、技と技・瑞穂対本牧東]SCENE65「Count down!」(八神ひろき)感想&あらすじ・保科を抑えられた事でファールゲームに持ち込もうとするのです…ネタバレ注意。 #マンガ


【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

一言感想

4点差に広がった中で絶対絶目にもなってくるものです。本牧は逆転してしまうのか!

面白いところ。

最後まで意地の張り合いにもなってくるものです。保科と哀川のマッチアップは続くのですが最後まで目が離せない事にもなってくるものです。

好きなところ。

保科を抑えられた事でファールゲームに持ち込もうとするのです。ですが、藤沢の行動には驚くものです。

好きなキャラ。

哀川和彦、藤原拓弥、保科唯斗、藤沢守

好きなエピソード。

インテンショナルファールを取られた事で勝利は瑞穂に傾きかけている様にもなってくるものですが最後まで諦めない本牧の強さはここにあるのは納得するのです。

おすすめ。

本牧は最後まで諦めない気持ちが伝わってくるものです。最後の詰めになっている事で冷静さを知る事にもなってくるものでした。

作品に関する思い出。

哀川の一言がかなりの重さにも感じるものです。そんな中で土橋がファールをしてしまうのは予想外にもなってくるものでした。

作者に関して。

華やかさが目立つ本牧チームでもあるのですが、この試合については最大限にも増して結束されてくるのは予想外にも感じる部分になってくるものです。

その他。

最期には意外な結果にもなってくるものです。藤沢の3Pシュートが決まった所で話が終わるのですが果たしてカウントされるのかがドキドキするものです。