読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ジャンプ部屋ブログ

1994年頃から捨ててないジャンプで何かをしたいです。

スポンサーリンク

DEARBOYS[力と力、技と技瑞穂対本牧東]SCENE68「Helter-Skelter」(八神ひろき)感想&あらすじ・沢登が登場するのですが杏崎は勘違いしたまま物事が進んでいく…ネタバレ注意。 #マンガ


【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

一言感想

ここで沢登が登場するのですが杏崎は勘違いしたまま物事が進んでいくのは見応え感があるものです。

面白いところ。

意外な形で告白を受けてすっかりと気が動転してしまっている杏崎はらしからぬミスが目立つものです。完璧な人ほどもろいものではないかと感じるばかりでもあるものです。

好きなところ。

杏崎にも心情の変化が出てくるものです。思わず哀川を追ってしまう姿は変化が出てきているのではないかと思います。

好きなキャラ。

哀川和彦、藤原拓弥、沢登正人、杏崎さとみ

好きなエピソード。

近藤が就職決まった事で練習に顔を出すものです。そのお礼をしている場面については当然の流れにもなってくるものですがどこか表情が冴えないのは変化があるものです。

おすすめ。

練習後には何か食べようかと誘ったりするものですが哀川のバイトで参加出来ない表情は思わず笑ってしまうものです。

作品に関する思い出。

杏崎の勘違いは更に進んて行くのは何とも言えないものです。そんな中でメンバー達にもどの様な影響が出るかが見物でもあるものです。

作者に関して。

この作品については見応え感があるものです。そんな中でも普通の高校生活についても描かれているのは安心感も出てくるものではないかと思います。

その他。

保科は杏崎に告白をするのです。いつもとは違った一幕が見えるのは意外にも感じるものです。この展開後から杏崎にも変化が出てくるものです。