読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ジャンプ部屋ブログ

1994年頃から捨ててないジャンプで何かをしたいです。

スポンサーリンク

ふくふくふにゃーん「ごはんの巻」ギャフン編14話「旅は道連れ、猫の性」の巻 (こなみかなた)感想&あらすじ・一生懸命に遊んでいる所に関しては…ネタバレ注意。 #マンガ


【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

一言感想

旅の内容についてはふくふくならではの展開にもなってくるものではないかと感じるものです。

面白いところ。

一生懸命に遊んでいる所に関してはいつも通りにも感じるものです。この時には他の猫たちとも上手く行っているのも納得されてくるものでした。

好きなところ。

おばあちゃんが呼んだ声で直ぐに反応しているのはなかなか出来ない事でもあるのではないかと思います。ですが、この聴力もふくふくならではの感覚にもなってくるものです。

好きなキャラ。

ふくふく、おばあちゃん

好きなエピソード。

最期のオチに関しては思わず微笑んでしまうものです。なかなか素直な展開ばかりにもなってくるので一番のごちそうにありつけないのは「性」ではないかと感じるものです。

おすすめ。

この話しに関しては人間にも繋がってくるものではないかと感じるものです。展開がかなり「有」と思う様な事ばかりにもなってくるものです。

作品に関する思い出。

この話しに関しては何とも言えない展開にもなってくるのではないかと思います。難しいばかりにもなってくるものですが「どちらを取る」と言う考えがあれば違うかもしれませんよね。

作者に関して。

なかなか心理戦にもなってくるものです。見ていてもワクワクするものでした。

その他。

猫の性と言うのは何とも不思議な感覚にもなってくるものです。餌についてはありつけると行ってしまうのですが今回はふくふくの負けにもなってくるのではないかと思います。