読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ジャンプ部屋ブログ

1994年頃から捨ててないジャンプで何かをしたいです。

スポンサーリンク

黒子のバスケ第21巻第183話「さあ行こう」藤巻忠俊/感想&あらすじ・秀徳高校の光と影!緑間真太郎&高尾和成…ネタバレ注意。 #マンガ


【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

一言感想

緑間と高尾の涙!そして誠凛高校と海常高校の第2章スタート!

面白いところ。

キセキの世代同士の対決となった赤司征十郎擁する洛山高校と緑間真太郎を擁する秀徳高校との1戦は底知れぬ強さを見せつけた赤司と洛山高校に軍配が上がった!勝ち以外はすべて失敗という想像を絶するプレッシャーと戦い続けて勝ち続ける洛山高校に脱帽すると共に最後まで諦めず泥臭いプレーをも厭わなかった緑間と高尾、秀徳高校にも賛辞を贈りたくなるそんな試合でしたね。

そして・・・次に行われるのは誠凛高校と海常高校の1戦!練習試合で誠凛高校が勝ってからライバル関係となった両校。試合前のアップから互いを意識し合う展開!これは期待が持てます!

好きなキャラ。

秀徳高校の光と影!緑間真太郎&高尾和成・・・あのシーンを見れば何も言うことはありません(涙)

好きなエピソード。

試合後、引き上げる時に見せた高尾の涙!そして・・・その後ろを歩く緑間の涙!この2人の涙がこの試合にかけた意気込み、コンビネーションに対する信頼関係、そして秀徳高校チームメイトに対する熱い気持ちを表現していますよね。負けはしましたがこれでまたこの2人は強くなれる気がします!

おすすめ。

色々なドラマのあった洛山高校と秀徳高校の1戦が終わり、いよいよ誠凛高校と海常高校のリマッチ!お互いの意識し合いがハンパなくて機運が高まります!