読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ジャンプ部屋ブログ

1994年頃から捨ててないジャンプで何かをしたいです。

スポンサーリンク

金田一少年の事件簿14巻~15巻「タロット山荘殺人事件」感想&あらすじ・玲華の父・速水雄一郎が一つの殺人を起こしてから何者かに脅迫…ネタバレ注意。 #

寄稿 少年マガジン

【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。
  • マンガ原作/金成陽三郎 漫画/さとうふみや

一言感想

親子・兄弟の悲しい絆の殺人事件です。

面白いところ。

金田一一と、その幼馴染の七瀬美雪は、アイドル速水玲華に招かれ、玲華の父が経営するタロット山荘に訪れます。

このお話では、玲華の父・速水雄一郎が一つの殺人を起こしてから何者かに脅迫され連続殺人事件を起こすことで展開されていきます。

殺人の犯人自体は速水だということは一も感づいてはいるのですが、速水がしていない死体移動のことがあり、真相には近づけず、読んでいるこちらまであの人かな?とヤキモキしました。

最終的には速水が自殺に見せかけて殺され、脅迫者の正体がわかるのですが、動機もなさそうなのにまさかマネージャー(小城)だとは…という感じでした。

しかし、その犯人の正体以上に、速水の過去や玲華の生い立ち、小城と2人の関係など、実は深いところで繋がりがあったので驚きました。

速水のやったことは許されることじゃないし、それでも玲華にとってはたった一人の家族だったと思うとやりきれないですね…。

小城が玲華を守ってやりたい、自分や家族の何もかもを壊した速水が憎いと思う気持ちもわかりますし、何だか複雑な悲しいお話でした。

最後、玲華が雪崩に巻き込まれて命の危機にあったとき、助けを呼んだのが長い時間を過ごした速水ではなく、覚えていなかったはずの兄である小城だったことで、小城も少しは報われたんじゃないかなと思いたいです。