読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ジャンプ部屋ブログ

1994年頃から捨ててないジャンプで何かをしたいです。

スポンサーリンク

犬夜叉/ネタバレ注意!アニメ最終回感想&あらすじ・みんなハッピーエンドでよかった…。 #ANIME


【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

犬夜叉、みんなハッピーエンドでよかった

犬夜叉は、私が初めて好きになったアニメです。とても長い間放送していましたが、途中で原作に追いついてしまって間をあけて第二期までありました。第二期は深夜帯だったので、ほとんど録画して見ていたのを覚えています。
最終回は、全員がうまいことハッピーエンドになったのでとてもすっきりした気持ちで見終わることができました。

かごめが、ちゃんと高校生活まで終えてから戦国時代に戻りましたが、向こうの時代で高校まで習ったことがいかせているのか凄く気になりました。
それにやはり弥勒と珊瑚は、ラブラブな結婚生活を送っているようで、最終回で子だくさんで笑えました。
殺生丸も、ちょくちょく人里に降りて、りんに着物を送ったりしているところがとてもほっこりしました。初期の殺生丸からだいぶ丸くなって最後は結構好きなキャラになっていました。やっぱり、りんへの愛情ゆえの変化なのでしょうか…。
そして主役の犬夜叉は、かごめがいない間も弥勒と協力して妖怪退治をする生活を送っていたみたいですが、かごめが戻ってくるやいなや、すぐさま井戸に走って行って片手でかごめを引っ張り上げるシーンはきれいな作画で凄く感動しました。やはり半分妖怪ですからめちゃくちゃ力持ちだなとも思いました。
小学生からハマっていた犬夜叉は私が大学生になってから完結しました。青春時代を犬夜叉と過ごしたと言っても過言ではないでしょう。