読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ジャンプ部屋ブログ

1994年頃から捨ててないジャンプで何かをしたいです。

スポンサーリンク

ダイヤのA37巻第320話「控えの意地」寺嶋裕二・感想&あらすじ・小湊が「金属バット」を使うように…ネタバレ注意。 #マンガ

寄稿 少年マガジン 少年マンガ

【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

一言感想

このチーム内での試合についてはかなりの見応え感がある様にも思えるのです。読者の驚きもあるものです。

面白いところ。

巻頭で小湊が「金属バット」を使うように言われるのです。選手だけでなく周囲もかなりの驚きを隠せないものです。

好きなところ。

選手のそれぞれが入り混じっているのは読者もかなり感情が入ってくるものではないかと感じるものです。「成長」をする為に考える事もあるものです。

好きなキャラ。

沢村栄純、降谷暁、御幸一也

好きなエピソード。

降谷と御幸はそれぞれ意志が合って来るようにもなってくるものですが、降谷自身の力量にもまだまだの感覚にも感じるものでした。

おすすめ。

レギュラーと控え組の思惑についてはなかなか見応え感が強く感じるものです。ただ実力があるメンバーが注目されるのも納得させられるものです。

作品に関する思い出。

野球は「チーム」「個人」と様々な感情が巡るのです。なかなかこの想いについてはなかなか考えさせられる事にもなってくるものです。

作者に関して。

野球についてはいろんな思いが伝わるのは分かるものです。やはり一番に感動が伝わるものではないかと私は感じるものです。

その他。

この話についてはその想いの強さがかなり見えてくるものです。やはりレギュラーは憧れるのも納得させられるものです。なかなか裏側については見えないので感動も感じるものです。