読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ジャンプ部屋ブログ

1994年頃から捨ててないジャンプで何かをしたいです。

スポンサーリンク

ダイヤのA37巻第321話「探り合い」寺嶋裕二・感想&あらすじ・御幸のバッティングについてはセンスの塊にも…ネタバレ注意。 #マンガ

寄稿 少年マガジン 少年マンガ

【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

一言感想

主力と控えのそれぞれがかなり想いが見えてくるものです。ですが、この後に続く展開はかなり期待感を持つものではないかと感じるものです。

面白いところ。

御幸のバッティングについてはセンスの塊にも思えるものです。普通ではこの緊迫した場面においてはなかなか実力が出し切れないのが多いのではないかと思います。

好きなところ。

落合コーチの一言でレギュラー陣は顔色がかなり変化するのです。ここから沢村に対しての攻略の糸口になってくるか!?

好きなキャラ。

沢村栄純、降谷暁、御幸一也

好きなエピソード。

監督の一言で選手のモチベーションはかなり変わって来るものです。それに、キャプテンの意気込みについてもこの話では分かる様な感覚にも思えるものです。

おすすめ。

スポーツ選手においては「実力」だけではなく気持ちで乗り切る事も重要なのではないかと感じるものです。

作品に関する思い出。

高校野球においては何が大切なのかが分かる様な感覚にもなってくるものです。ですが、当事者達からはなかなか理解するまで難しい事にも結構あるものではないかと感じるものです。

作者に関して。

今後この展開についてはどの様になってくるかがかなり期待感を持つ内容にもなってくるものです。

その他。

降谷は「縦スラ」を意識する事で展開をかなり緊迫した感じにもなってくるものです。ですが、課題の多い感覚にも思えるものです。