読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ジャンプ部屋ブログ

1994年頃から捨ててないジャンプで何かをしたいです。

スポンサーリンク

イヤのA37巻第322話「教え子」寺嶋裕二・感想&あらすじ・青道の前監督が試合の途中で登場するのです…ネタバレ注意。 #マンガ

寄稿 少年マガジン 少年マンガ

【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

一言感想

それぞれの異なるタイプピッチャー陣ですがこの後に続く展開がどの様になってくるかがポイントにもなってくるものです。

面白いところ。

青道の前監督が試合の途中で登場するのです。この人物がこの後にどの様な形で物語を繋いでいくのかがカギにもなってくるものです。

好きなところ。

「成長」「自信」をいろんな形で巡り合わせがなってくるかが読者にはドキドキする事にもなってくるものです。

好きなキャラ。

沢村栄純、降谷暁、御幸一也

好きなエピソード。

外部の思惑についてはなかなか掴み切れない部分があるものではないかと思います。

おすすめ。

落合コーチの発言については「トゲがある」と感じやすいものですが、逆を見ると選手の長所をいかに見抜くのかも直ぐに分かるものではないかと感じるものです。

作品に関する思い出。

落合コーチの発言でレギュラー陣は沢村の球を打つようにもなってくるものです。ここで沢村がどの様になってくるかが課題にも感じるものです。

作者に関して。

この話で前キャプテンの「結城弟」が現れるのです。この後にはこの選手がどの様に青道を引っ張って行くのかがカギにも感じるものです。

その他。

巻頭で沢村が「ヒット!?」と感じさせられる様にも思えるのです。もしヒットが出たらどの様に変わってくるかがポイントにもなってくるものでした。降谷の表情がかなり面白くなってくるのです。