読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ジャンプ部屋ブログ

1994年頃から捨ててないジャンプで何かをしたいです。

スポンサーリンク

ダイヤのA37巻第323話「新しいスタイル」寺嶋裕二・感想&あらすじ・「沢村」「降谷」のポイントが浮かんでくる…ネタバレ注意。 #マンガ

寄稿 少年マンガ 少年マガジン

【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

一言感想

この話については「沢村」「降谷」のポイントが浮かんでくるのです。両者の反応は違ってくるものですが「勝ちたい」と言う気持ちが見えてくるものではないかと感じるものです。

面白いところ。

榊前監督はそれぞれの特徴を見つける事で今の青道の力が分ってくるものですがここでどの様な展開が見えてくるかがポイントにもなってくるものです。

好きなところ。

チーム内ではいかに勢いが乗って来るかかなり見えてくるものです。一見降谷が活力になってくるかと思いきや沢村も負けじと元気が出てくるものです。

好きなキャラ。

沢村栄純、降谷暁、御幸一也

好きなエピソード。

一度はチームからも認められない所まで行った沢村がこの試合では「認められたい」と思いがかなり見えてくるものではないかと感じるものです。

おすすめ。

沢村自身もかなりかなり考えながらピッチングをする様になってくるものです。今後の沢村自身にもかなり期待感を持てれば良いのではないかと感じるものです。

作品に関する思い出。

この後にはどの様な試合展開が待っているか読者においてもワクワクとする事にもなってくるものです。

作者に関して。

前監督がかつての教え子を見直す事にもなってくるものですが「悪童」と言うのは監督の事を指すのかもワクワクするものです。

その他。

控えのメンバーにも試合に関しての意気込みがかなり強くなってくるのです。レギュラーに是非勝って貰いたいと感じるものです。