読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ジャンプ部屋ブログ

1994年頃から捨ててないジャンプで何かをしたいです。

スポンサーリンク

ダイヤのA37巻第325話「メッセージ」寺嶋裕二・感想&あらすじ・川上の気合を見ていた沢村、降谷両者にも…ネタバレ注意。 #マンガ

寄稿 少年マンガ 少年マガジン

【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

一言感想

先輩としての意地を見せられるかがカギにもなってくる川上でもあるのですが最終的にはどの様な結果になってくるかがカギにもなってくる。

面白いところ。

川上の気合を見ていた沢村、降谷両者にも伝わっているものです。この両者にも成長出来るものではないかと感じるばかりにも思います。

好きなところ。

ピッチャー陣の吹っ切れた感じは納得出来るものです。それ以外にも片岡監督の選手の乗せ方も上手いと感じるばかりにも思えるものです。

好きなキャラ。

片岡鉄心、榊前監督、落合コーチ、御幸一也

好きなエピソード。

前監督が挨拶がてら教え子に戦線布告するのです。ライバルとなって来る中で青道はどの様に戦っていくかが楽しみにもなってくるものです。

おすすめ。

試合の内容についてはなかなか伯仲した感覚にもなってくるものです。もし、会場にいたら思わず熱くなって来るものではないかと感じるものです。

作品に関する思い出。

片岡監督はチームを去ろうとするのですがここで榊前監督からの宣戦布告を受けてどの様な形でいくかもポイントもなるものです。

作者に関して。

野球だけでなく、人間関係にもかなりの成長に繋がってくるものではないかと感じるものです。

その他。

御幸の考えはこのまますんなりと行くかが今後の物語が楽しみにもなってくるのです。それに「あいつら」とは誰を指すのかもポイントにもなってくる。