読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ジャンプ部屋ブログ

1994年頃から捨ててないジャンプで何かをしたいです。

スポンサーリンク

ダイヤのA37巻第326話「清算」寺嶋裕二・感想&あらすじ・成孔学園のウェイトをした後になってくるのですが…ネタバレ注意。 #マンガ


【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

一言感想

この話については4強のそれぞれが想いの強さが見えてくるものです。各高校が優勝したいと言う気持ちは痛い位にもわかるものではないかと感じるものです。

面白いところ。

青道内でも試合結果を振り返りする事にもなってくるものです。沢村、降谷と良い感じにも思えるものですが今後この内容で展開が変わってくるかも面白くなってくるものです。

好きなところ。

成孔学園のウェイトをした後になってくるのですが初めて見た時には「えっ!?」と唖然とするものですが、選手達からすれば自慢したくなるのも分かるものです。

好きなキャラ。

御幸一也、沢村栄純、轟雷市

好きなエピソード。

成孔学園の枡選手が言っていた言葉はどの様な意味を指すのか今後この展開にも変化するのではないかと思います。

おすすめ。

打者メインの考えにもそれぞれ課題が見つかるものです。この落合コーチからの言葉がどの様になってくるか見物です。

作品に関する思い出。

冬の大会については選手だけではなくいろんな想いが詰め込めているのも分かるものではないかと思います。

作者に関して。

新人戦後からこの戦いに関してはどの様になってくるかがかなり見所満載にもなってくるものではないかと感じるものです。

その他。

薬師、市大とそれぞれにも並々ならではの想いが伝わってくるものです。やはり、夏の悔しさは消えないのも分かるものです。