読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ジャンプ部屋ブログ

1994年頃から捨ててないジャンプで何かをしたいです。

スポンサーリンク

ダイヤのA38巻第330話「いい形」(寺嶋裕二)感想&あらすじ・倉持が幸先の良い展開に持ってくる事が…ネタバレ注意。 #マンガ

寄稿 少年マガジン 少年マンガ

【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

一言感想

倉持が幸先の良い展開に持ってくる事が出来て一安心する展開にもなってくるがこの後にはどの様になってくるかかなり期待感にもなってくる。

面白いところ。

青道はテンポが良い形で先取点をゲットするのです。野球に関しては勢いがあるとチーム内にもかなり違ってくるものではないかと思います。

好きなところ。

選手に関しては雰囲気でかなり変わってくるものです。ここで明暗がはっきりと変わってくるもの分かるものです。成孔はこれからがカギにもなってくる。

好きなキャラ。

御幸一也、倉持、沢村

好きなエピソード。

青道に関しては良い流れになってくる事でチーム内にもかなり違ってくるものです。外部の方々に関してはどの様になってくるか今後どの様になってくるかカギでもあるのです。

おすすめ。

成孔はすっかり勢いに乗り損ねてしまうのです。ですが、ここまで勝ち残っているチームが終わらないわけではないかと感じるものです。

作品に関する思い出。

がちんこ勝負はピリピリとしやすいにも思えるかもしれませんが読者においては見ていくとかなりワクワクとするものです。

作者に関して。

勝負はかなり見応え感があるものです。それに、なかなかこの勝負には答えが出てくる気配がないのも分かるものです。

その他。

落合コーチは降谷の成長に関しては目をつける事ばかりでなくどの様に今後考えていくのかが見物でもあるのです。