読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ジャンプ部屋ブログ

1994年頃から捨ててないジャンプで何かをしたいです。

スポンサーリンク

ダイヤのA38巻第331話「大人の」(寺嶋裕二)感想&あらすじ・落合コーチを連れてきた上層部でもあるのですが…ネタバレ注意。 #マンガ

寄稿 少年マンガ 少年マガジン

【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

一言感想

青道はすっかり勢いに乗ることで見ている側でもワクワクする内容にもなってくるものです。

面白いところ。

落合コーチを連れてきた上層部でもあるのですが、この流れをずっと見てきた感じは結構良い感じにも思えるのではないかと思います。

好きなところ。

先輩達も心配そうに見に来るのですが、逆に乗り気でいる選手達は心強いのではないかと思います。

好きなキャラ。

御幸一也、倉持、沢村

好きなエピソード。

成孔に関してはエースが乗り切れていない感じにも思えるのですが逆に見逃さない青道はかなり凄いと思えるのです。

おすすめ。

対照的な流れになっているのは読者にもかなり印象が残っている内容にも感じられるものです。常松が逆転するのは期待感にもなって来るものではないかと思います。

作品に関する思い出。

成孔にはまだまだ負けない気持ちになっているので見応え感があるのではないかと思います。普通であるとこの展開には参ってしまうのが常ではないかと思います。

作者に関して。

選手の気持ちだけでなく臨場感満載にもなっているのはかなり印象にも残っているものです。普通ではこの展開にはなかなか分かり難い感覚にもなって来るものではないかと思います。

その他。

ここで常松が登場するものです。体格に合わずどの様なピッチングをするのかがかなり見応え感があるものではないかと思います。