読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ジャンプ部屋ブログ

1994年頃から捨ててないジャンプで何かをしたいです。

スポンサーリンク

アニメ暗殺教室9話「転校生の時間」アニメ感想&あらすじ・自立固定砲台に、殺せんせーが嫉妬していたのが面白かった…ネタバレ注意。 #ANIME

アニメ ジャンプ感想 寄稿

【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

暗殺教室 9話 転校生の時間

アニメの簡単なあらすじ。

E組新しくやってきた転校生は自立固定砲台という機械だった。殺せんせーを暗殺するために、授業中も関係なく一日中射撃する自立固定砲台に、他の生徒たちは迷惑していた。殺せんせーによる改良で協調性を手に入れるも、マスターによる初期化でもとに戻されてしまう自立固定砲台。E組の生徒たちは落胆したが、自立固定砲台は自分の意思で初期化を免れていたのだった。

面白かったところ、好きだったところなど。

協調性を手に入れて生徒たちと打ち解けている自立固定砲台に、殺せんせーが嫉妬していたのが面白かったです。全然キャラは被っていないのに、自分と自立固定砲台が被っていると思い込んで、必死に自分をアピールする姿がよかったです。

好きなキャラクターや注目した登場人物、出演者(声優さん)に関して。

生徒たちが帰って誰もいない教室で、こっそり自立固定砲台を改良する殺せんせーが好きでした。先生として優しい言葉をかけたり改良をするだけじゃなく、自分の欲望も少し入れて改良しちゃうあたりがお茶目で微笑ましいです。

一番好きだったシーンに関して。

自立固定砲台に生徒たちが名前をつけるシーン。名前をつけたことによって、生徒と自立固定砲台の距離感がグッと近くなったように感じました。