読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ジャンプ部屋ブログ

1994年頃から捨ててないジャンプで何かをしたいです。

スポンサーリンク

七つの大罪第24話・最終回「英雄たち」アニメ感想&あらすじ・前半は魔神化したヘンドリクセンとの決戦を描き、後半は決戦後の…ネタバレ注意。 #ANIME

アニメ 寄稿 少年マガジン

【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

七つの大罪
第24話「英雄たち」

アニメの簡単なあらすじ。

第一期最終話。アニメ前半は魔神化したヘンドリクセンとの決戦を描き、後半は決戦後の平和な日々が描かれていた。後半は平和な日々を描きつつ一期最終話ということで、今後の物語の進展に謎を残す感じで終わっている。

面白かったところ、好きだったところなど。

ヘンドリクセンとの決戦で各々の聖騎士自分の技を繰り出すシーンは、「お前こういう技を出すんだ!」と最終回ながらも新鮮さがあって面白かった。最終決戦の作戦はみんなで力を合わせてという王道なものではあったが、やはり見ていて胸が熱くなる。

好きなキャラクターや注目した登場人物、出演者(声優さん)に関して。

ディアンヌとキングの組み合わせとディアンヌとハウザー組み合わせが好きだけど、今回はアニメ後半でディアンヌとキングの微笑ましいやり取りがあっただけで、ディアンヌとハウザーのやり取りがなくてちょっと残念。でも、普段巨人のディアンヌが普通の女の子サイズで後半ずっと登場していたので、とても可愛かった。

一番好きだったシーンに関して。

決戦が終わってからの各キャラクターのその後のほとんどが各キャラの恋模様が描かれていて、にやにやしてしまいました。中でも「えっ、こいつとくっついてたの!?」というシーンがあり、原作読んでいない方は、驚くかもしれません。