読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ジャンプ部屋ブログ

1994年頃から捨ててないジャンプで何かをしたいです。

スポンサーリンク

アルジャーノンに花束を第2話/ドラマ感想&あらすじ・山下智久さんが主人公のサクトになりきって演じている…(ネタバレ注意)。 #DRAMA

寄稿 テレビドラマ感想

【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

アルジャーノンに花束を 第2話 4月17日。

簡単なあらすじ、内容紹介。

ネズミのアルジャーノンと知的障がいのさくとが出会い、その周りにいる人々の成長や葛藤などが描かれています。また、さくとは皆対等ではないと苦しんでいる様子も描かれていました。

好きな出演者や登場人物に関して感じたこと。

山下智久(やましたともひさ)が好きで、見始めたドラマです。山下智久さんが主人公のサクトになりきって演じているところがとても、感動し、涙を誘われます。

面白かったところ、好きだったところは?

知的障がいの方の今の現状や心情、知的障がいの方に対する偏見や保護者の受け入れられないという気持ちなどが丁寧に描かれていて、とても勉強になっています。

特に興味深かったところは?

お利口になれるという薬が発明されており、人に試験薬として注射をすることになり、サクトは、お利口になれることが嬉しいようだが、周囲の人のこのままの純粋なままでいて欲しい反面、お利口になってほしいとの心の動きなどが次回の話しから気になっています。