読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ジャンプ部屋ブログ

1994年頃から捨ててないジャンプで何かをしたいです。

スポンサーリンク

マザーゲーム1話/ドラマ感想&あらすじ・シングルマザーの蒲原希子(木村文乃)が保育園に入ることができず…(ネタバレ注意)。 #DRAMA


【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

4月14日マザーゲーム1話

簡単なあらすじ、内容紹介。

シングルマザーの蒲原希子(木村文乃)が保育園に入ることができず、役所で出会ったしずく幼稚園の園長(室井滋)に声をかけてもらい私立幼稚園に入園することになりました。ただ入園した幼稚園は車投稿があたり前のお金持ちが通う学校だった。そこで繰り広げられる親同士の見栄の張り合いに焦点が当てられている物語。

好きな出演者や登場人物に関して感じたこと。

私は主人公の蒲原希子(木村文乃)が間違っていることは間違っているとはっきりとものをいう姿に魅力を感じます。他人違うと言うことができる人はすごいと思うし、今年母になる私はそういう母親になりたいなと思います。

面白かったところ、好きだったところは?

1話でひじきをママ会に持って行った時に馬鹿にされ、それでもその場で手作りのご飯を作る精神の強さが好きです。子どものためを思って仲良くしないといけないとは思いつつ、自分の意見もちきんと言えるところがすごくかっこいいなと思います!

特に興味深かったところは?

1話の終わりにしずく幼稚園トップママの毬絵さん(檀れい)に気に入られるシーンがこれから先の続きも見たいなと思いました。毬絵さんはいい人であってほしいが、もしかしたら悪い人かもしれないと思うとドキドキハラハラします。