読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ジャンプ部屋ブログ

1994年頃から捨ててないジャンプで何かをしたいです。

スポンサーリンク

ジョジョの奇妙な冒険エジプト編41話「ダービー・ザ・プレイヤー その2」アニメ感想&あらすじ・承太郎は、次の対決は自分がすると名乗り出て野球ゲームを提案…ネタバレ注意。 #ANIME


【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

「ジョジョの奇妙な冒険 スターダストクルセイダース エジプト編」 第41話「ダービー・ザ・プレイヤー その2」

アニメの簡単なあらすじ。

ダービーと花京院とのレースゲームバトル。勝利を確信した花京院だったが、ダービーの策の前に自ら敗北を認めてしまった。花京院は他の敗北者と同じように人形へと変えられてしまう。

承太郎は、次の対決は自分がすると名乗り出て野球ゲームを提案する。ダービーもそれに答えるが、なんとそのゲームはダービーの最も得意とするゲームだった。

面白かったところ、好きだったところなど。

前回と今回は、スタンドバトルというよりゲームバトルとなっており、血なまぐさい印象が少なくギャグ風味が満載です。その中でもジョセフがゲームを実況しているシーンが叫びまくっていてとてもいい味が出ています。

好きなキャラクターや注目した登場人物、出演者(声優さん)に関して。

ジョジョのアニメは、声優さんが豪華な方ばかりで今回の敵役のダービー役諏訪部順一さんもとても渋い感じが出ていて、ぴったりの役だと思います。

今期アニメでは、fate/stay nightでアーチャー役でも出演しており、好きな声優さんでもあるのでとてもうれしいです。

一番好きだったシーンに関して。

ジョジョでは、承太郎が基本的にかなり強く苦戦することが割と少ないのですが、今回のダービー戦では相手の手の内が読めず、かなり苦戦している描写が多いのが貴重な感じでいいですね。あと、何気に承太郎が帽子を脱ぐのは貴重なカットでもあります。