読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ジャンプ部屋ブログ

1994年頃から捨ててないジャンプで何かをしたいです。

スポンサーリンク

黒子のバスケ エクストラゲーム 第1話「派手にいこうぜ!」(藤巻忠俊)感想&あらすじ・ストバスの大会でUSAチームが来日するのですが…ネタバレ注意。 #マンガ

寄稿 ジャンプ感想 少年マンガ 黒子のバスケ

【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

一言感想

ストバスの大会でUSAチームが来日するのですがこのチームにおいてはかなり印象が悪いものです。

面白いところ。

かつての「キセキの世代」が再集結する事にもなったのです。試合内容に関しては「Jabberwock」事態結構嫌な感覚にもなってくるものです。

好きなところ。

周囲の観客もかなりマイナスの感情が丸出しになったのです。この面については読者においてもかなり共感出来る内容にもなるのではないかと思います。

好きなキャラ。

黒子テツヤ、火神大河

好きなエピソード。

カゲトラさんが再度試合を持ち掛けようとするのは当然の気持ちにもなってくるものです。果たしてこの後にはどの様になってくるのかがかなり気になってくるものです。

おすすめ。

ドリームチームが結集する事にもなったのですが果たして試合に勝てるのかがかなり気になってくるものです。

作品に関する思い出。

インターハイを終えてからになるのですが練習量を変えようとしないのは流石と言えるものです。しかし別のイベントとなってくるとかなり変わってしまうのも見物にもなってくる。

作者に関して。

序章の展開にもなってくるものです。再結集したチームの実力はどの様になってくるのかがかなり見所にもなってくる。

その他。

空港内でもかなりマイナスの言葉ばかりが飛び交うばかりにもなってくるものです。しかしリーダーは良い人かと思いきや本性が出るとかなりマイナスばかりにもなってくる。

ありがとう寄稿(マンガ感想記事)。

サトシとピカチュウ、カスミ、タケシ達が招待されたポケモン城にはミュウツーがいるのですが、ミュウツーは自分を生み出した人間への恨みをぶつける為に、自分の作り出したコピーポケモンとサトシ達の手持ちポケモンをバトルさせます。

おすすめアニメ映画感想レビュー「劇場版ポケットモンスター ミュウツーの逆襲」評価・1998年に上映されたのですが、私は映画館では見る事が出来ずDVDで見ていました…(ネタバレ注意)。 #MOVIE #ANIME - みんなの政治経済ブログ。