読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ジャンプ部屋ブログ

1994年頃から捨ててないジャンプで何かをしたいです。

スポンサーリンク

黒子のバスケ エクストラゲーム 第4話「まだ手はある」(藤巻忠俊)感想&あらすじ・終盤では青峰と黄瀬がダブルチームで「ゾーン解放」にも…ネタバレ注意。 #マンガ

黒子のバスケ 寄稿 ジャンプ感想 ジャンプコミックス 少年マンガ

【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

一言感想

点差が開きかけようとするのです。観戦していても半ば諦めの雰囲気にもなりかけようとするのですが選手の気持ちはどの様になるのかカギにもなる。

面白いところ。

終盤では青峰と黄瀬がダブルチームで「ゾーン解放」にもなるのです。しかしその前の言葉に関しては同じチームであるからこそ気兼ねなく言い合えるのも分かるのではないかと感じるものです。

好きなところ。

ナッシュの言葉に関してはどの様な形で試合展開になってくるのか気になってくるものです。その行動がかなりインパクトを与える事にもなってくるものです。

好きなキャラ。

黒子テツヤ、火神大河

好きなエピソード。

ナッシュの底力がかなり見せつける事にもなるのです。ディフェンスとしてついていた黄瀬自身が対応出来ないのはかなり驚きにもなってくるものです。

おすすめ。

シルバーは自身の事しか考えていないのがかなり納得出来るものです。それをフォローしなければいけないのはかなりマイナスの感情にもなってくるのが共感出来るものです。

作品に関する思い出。

バスケの本当の部分が見えるものです。チームプレイが当たり前にも感じるものですが逆にアメリカの考え方においては何とも言えない感覚にもなる。

作者に関して。

この後にはどの様になってくるか見物にもなってくる。

その他。

最終的な手を打とうとする日本メンバーでもあるのです。赤司の言葉で覚悟が伝わるものですがシルバーを抑え込もうとするメンバーは果たしてどの様になってくるかが見物にもなってくる。

ありがとう寄稿(マンガ感想記事)。

展開が早いのに分かりやすいのがいいです。スピーディーに動く中での主人公たちのそれぞれの感情もうまく描かれていて一秒足りとも飽きさせません。

おすすめアニメ映画感想レビュー「サマーウォーズ」評価・細田守監督の中で一番面白いです…(ネタバレ注意)。 #MOVIE #ANIME - ナカノちゃんねる