読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ジャンプ部屋ブログ

1994年頃から捨ててないジャンプで何かをしたいです。

スポンサーリンク

クローズ/最終回・結末感想ネタバレ注意!あらすじ・ヒロミ・マコ・ポン・ヤスと坊屋春道が集まって話をした後…。 #漫画

寄稿 少年マンガ 少年チャンピオン

【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

クローズの最終話は印象的だった

クローズの最終話は、それまで喧嘩をしてきた相手に関して、ヒロミ・マコ・ポン・ヤスと坊屋春道が集まって話をした後、ヤスの手紙という形の各キャラのその後の紹介が入り、最後はカラスの顔のアップで締めくくられています。
このカラスの顔のアップは、初めて見たときは呆気にとられましたが、よくよく考えるといくつか意味があることなのだろうと思います。
まず、題名にもなっている「カラス」を坊屋春道たちと重ね合わせた事です。
これは作中でも坊屋春道が自分の生き方をカラスに例えているので納得がいきます。
もう一つは、坊屋春道のその後の足取りを明確にしないためだと思われます。
クローズでは多くのキャラと出会い、喧嘩をし、その後には友情ができ、最後はそれぞれの道を進んでいきそれが最終回で紹介されましたが、坊屋春道のみその後に関しては「相変わらず」としか描かれず、後に発表された続編や外伝を見ても「ある日学校をやめることを告げて姿を消した」としか描かれていません。
そして、今後も明確に描かれる可能性は考えにくいです。
おそらく、作者は彼の進むべき道にも自由気ままなカラスとしてのイメージを重ねており、「今後坊屋春道のクローズ本編後のことは明確に描くつもりはない」という意思表示だったのかもしれません。
個人的には、坊屋春道とリンダマンの再戦や、それぞれの道に進んだキャラとのやり取りなど見てみたい気持ちももちろんありますが、坊屋春道という男はそういうことも気にせず自由に飛び回っていた方が似合うという気持ちもあるのが正直なところです。

ありがとう寄稿(マンガ感想記事)。

どういうところが好きかというとケンという人物の生き方、生きていくなかでの仲間との出会いがリアルに再現されていたからです。

主人公ケン[サンケンロック]の感想・仲間との出会いがリアルに再現されていたからです…(好きなキャラクター:ネタバレ注意)。 #漫画 - 面白い漫画を教えてください。