読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ジャンプ部屋ブログ

1994年頃から捨ててないジャンプで何かをしたいです。

スポンサーリンク

信長協奏曲13巻(石井あゆみ・著)感想ネタバレ注意!あらすじ・織田家に再び謀反を起こした松永久秀に、降伏するよう説得に向かった森長可…。 #COMIC

寄稿 少年ガンガン 少年マンガ

【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

「信長協奏曲」13巻 石井あゆみ・著

織田家に再び謀反を起こした松永久秀に、降伏するよう説得に向かった森長可。松永も長可も荒っぽくて血の気が多い似た者同士なので、最後に2人が交わした会話はなんだか奥が深いなと感じました。爆弾で城を吹き飛ばしての松永の自決は、派手でとても彼らしい最後だったと思います。そんな松永の死を知った同じ平成仲間の弥助は、旅に出ることを決めます。

元の時代へ戻る夢は捨てて、戦国時代で強く生きていくための修行を決意した弥助が、いつかたくましくなって織田家に戻ってくるといいなと思います。そして、明智光秀の素顔が信長と瓜二つであることを知って悩む蘭丸とおゆきは、信長と光秀に呼ばれて話し合いの場がもたれます。「2人の顔が同じであることは天が与えた宿命だ。信長のためだけに自分の命はあるのだ」と言い切った光秀には、重苦しいまでの深い忠誠心を感じました。サブロー信長に惹きつけられたこの3人が、今後どのような形で信長の力となっていくのか楽しみです。

ありがとう寄稿。

夫の急死でフルタイムで働き始めて早や5年、仕事には慣れてきたものの最近は同じことを繰り返す毎日に少し刺激と新しい発見が欲しいところです。

夫の急死でフルタイムで働き始めて早や5年、在宅ワークの目標:新しい自分を空いた時間で発見。 - みんなのブログ。