読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ジャンプ部屋ブログ

1994年頃から捨ててないジャンプで何かをしたいです。

スポンサーリンク

不動2巻第2話「進出①」感想&あらすじ・剛野に呼ばれた不動ですが、争う事を辞めるように進言するのです…ネタバレ注意。 #マンガ

寄稿 青年マンガ

【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

原作 天王寺大 劇画 渡辺みちお

一言感想

不動に関してはかなり士気が高まってくる内容にもなるものです。普通であれば考えが深くなってしまう場面が多くなっているものです。

面白いところ。

剛野に呼ばれた不動ですが、争う事を辞めるように進言するのです。しかし不動は逆に一喝するのはかなり意外な感覚にもなってくるのが驚きにも感じるものです。

好きなところ。

会談が決裂した事で王は自身の道を歩もうとするのです。やはり強さの秘訣が垣間見れるのではないかと感じるものです。

好きなキャラ。

岸和田不動、王建陳

好きなエピソード。

王と不動はどこか似たような雰囲気を醸し出すものです。やはり揺るぎない部分があるからこそ突き進んでいくのが出来るのではないかと感じるものです。

おすすめ。

王は更に団結力を高めようとそれぞれの場所に行こうとするのです。それで言った言葉に関しては上に立つ者としては感銘を受けるのでした。

作品に関する思い出。

両名の言い分や行動を見ていると似ている部分もあるものです。近い内に衝突してしまうのも見てしまうのではないかと感じるものです。

作者に関して。

男の生き様が凄い見れるものです。やはり主人公の不動だけでなくマフィアの抗争にもかなり注目する内容でもあるものです。

その他。

不動、王の両名は進出する事で意欲を高めているのです。この後の展開にはかなり気になってくるものです。

ありがとう寄稿。

晴れの大国に、砂の皇国の皇太子がやってきます。有能で扱いづらい人物である皇太子様にアメフラシを披露してもてなしたニケですが、なぜか怒らせてしまいます。

それでも世界は美しい5巻(椎名橙)感想&あらすじ・晴れの大国に、砂の皇国の皇太子がやってきます…ネタバレ注意。 #マンガ - 面白い漫画を教えてください。