読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ジャンプ部屋ブログ

1994年頃から捨ててないジャンプで何かをしたいです。

スポンサーリンク

タイガーマスク/最終回・結末感想ネタバレ注意!あらすじ・伊達直人は子供を庇って交通事故に…。 #漫画

寄稿 少年マンガ 最終回感想

【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

梶原一騎の名作「タイガーマスク」は、原作を読め。

「タイガーマスク」と言えば、かつて新日本プロレスの黄金期を飾った名プロレスラーですが、元々は少年マガジン連載のキャラクターですよね。人気があったのでTVアニメにもなったんですが、最終回に関しては断然原作の方が感動的です。アニメ版では、虎の穴最強の敵「タイガー・ザ・グレート」との死闘でマスクが剥がされ、正体がばれて外国に旅立っていく。これはこれで良い。でも原作では、タイトルマッチに向かう途中、伊達直人は子供を庇って交通事故に遭ってしまいます。

自分は助からないと悟った直人は、胸のポケットからタイガーマスクの覆面を取りだし、川に投げ捨ててしまいます。川に沈むマスク。直人は薄れゆく意識の中でこうつぶやくのです。「これで良い。タイガーマスクは死んだりしない。修行の旅に出たのだ。子供たちの心の中で永遠のヒーローとして生き続ける。これで良い。。。」伊達直人は孤児でした。生き延びるためにプロレスラーとなり、怒りや悲しみをリングの上でぶつけて生きてきたのです。そうして稼いだお金を孤児院に寄付し続ける。自分と同じ境遇の子供たちのため。そして彼は自分が死ぬ間際、やっぱり子供たちのことを考えるのです。彼らにしてあげられる最後の仕事は、自分の痕跡を消すことだったのでした。これほどの孤独があるでしょうか。そして、これほどの愛があるでしょうか。梶原一騎の作品は、どれも孤独と愛を根本のテーマに据えていますが、タイガーマスクの最終回こそはその集大成だと僕は思っています。

ありがとう寄稿。

楽と鶫とクロードがバトルをしている間に、小咲が千棘を見つけてヒロイン同士のバトルが始まると予想します。

ニセコイ第218話「ナンダカ」感想&219話予想+あらすじ・確定ネタバレ注意!クロード・リングハルト、楽とバトルをして何かしらのきっかけで…週刊少年ジャンプ感想25号2016年 - ナカノ実験室

ここ一番で試合のカギを握っているのが「代打」にもなってくるのですがクロカンの勘にはかなり見所にもなってくるのが分かるものです。

クロカン13巻第2話「黒木の勘」(三田紀房)感想&あらすじ・代打として福松が呼ばれると思いきや電気が走った…ネタバレ注意。 #マンガ - 面白い漫画を教えてください。