読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ジャンプ部屋ブログ

1994年頃から捨ててないジャンプで何かをしたいです。

スポンサーリンク

YAWARA!ヤワラ/最終回・結末感想ネタバレ注意!あらすじ・柔も、当初は、松田には全く恋愛感情は無かったようですが…。 #漫画

寄稿 最終回感想 青年マンガ

【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

YAWARA!感動と驚きの最終回

主人公、柔(やわら)と新聞記事、松田が最後には恋愛で結ばれるという驚きと感動のフィナーレでした。2人の関係は、永く、柔が高校生の時から、松田はずっと取材を続けていました。当時は、スポーツ記者としての単なる取材の対象でしかなかったのですが、主人公の言動や、努力する姿、柔道家としての活躍を見る中で、女性としての魅力も感じて行ったのでしょう。

一方の柔も、当初は、松田には全く恋愛感情は無かったようですが、ずっと見てくれている安心感もあり、最後には思いが通じたのだと思います。途中恋愛のライバルも多く、本阿弥さやかや風祭などのストーリーを大変盛り上げてくれました。恋愛に限らず、柔の柔道家としての活躍は本当に読み応えがあり、特にバルセロナオリンピックでの優勝は圧巻でした。海外勢のライバルの描写も見事で、この漫画の国際性、スケールの広さを語っています。私自身もこの漫画に出会ってから、柔道に大変興味が出て、テレビ中継などもよく見るようになりました。柔道に大変興味を持てるようになって、この漫画に感謝しています。

ありがとう寄稿。

おまつが関わる事になってくると慶次自身もかなり傾き方にも変化が出てくるものです。なかなか理解出来るまで時間を要するのもあるのです。

花の慶次ー雲のかなたにー1巻第4話「男の血潮たぎる!!の巻」感想&あらすじ・末森城の落城にもなりかけた中で援軍を要請しようとするのですが…ネタバレ注意。 #マンガ - みんなの芸能ブログ。

高度経済成長の真っただ中であった昭和40年代の中ごろ、国家プロジェクトとして進められる金融再編の中、利権を巡って様々な実力者が競争を熾烈化させていく。

華麗なる一族/最終回・結末の感想ネタバレ注意!あらすじ・主人公は万俵鉄平である。利権を追い求める父・大介に対し、金や権力に囚われず人徳や対人関係を重視…。 #テレビドラマ - みんなのブログ。