読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ジャンプ部屋ブログ

1994年頃から捨ててないジャンプで何かをしたいです。

スポンサーリンク

うめぼしの謎/最終回・結末感想ネタバレ注意!あらすじ・最後の最後、主人公たちが「絵」という存在から線、そして「・(点)」にかえり、普遍的な存在に…。 #漫画

寄稿 少年マンガ 最終回感想

【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

うめぼしの謎

最終回の簡単な内容紹介、あらすじ。

掲載雑誌のリニューアルに伴っての最終回、当時としてはめずらしい「最終回あるある四コマ」を集めたものだったんですが。最後の最後、主人公たちが「絵」という存在から線、そして「・(点)」にかえり、普遍的な存在になるというメタなオチに震えた…

好きだった登場人物、キャラクターに関して。

な、名前がないんですよやつら。主人公はむささびなんですけどね。およそむささびらしからぬ風貌…(-x-)こんなんなんですけども。いやもう不条理四コマなんでキャラなんてあってないような…あ、枠外に毎回ビッチリとコラムが書いてあってそれに登場する作者の三笠山出月が好きなキャラかなぁ…

最終回を読んで(見て)思ったこと、感じたこと、考えたことなど感想。

率直に「そりゃ終わるよなぁ」という思いもあったんですよ。枠外のコラムともエッセイともつかない文章に、締め切り破りとかスケジュール的な不可能さとか出てましたし。連載開始当時高校生だった作者の担当編集氏への甘えも大分見えてました。
でも、中学生だった自分にとっての、ちょっと大人な笑いと社会を見せてくれてた作品なので。やっぱり寂しかったですね。
今になっていろいろほかの作品も読んでみたら、受けた影響の元とか分かるんでまた楽しいんですけど。中学生でよんでたからこそ感じてたものも有ったかと。
やっぱりああいう、斜めから物事をみる笑い、好きだったなぁ。