読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ジャンプ部屋ブログ

1994年頃から捨ててないジャンプで何かをしたいです。

スポンサーリンク

ハチミツとクローバー/最終回・結末感想ネタバレ注意!あらすじ・羽海野チカさんの作品で、美術大学に通う学生の日常や不器用な恋愛模様、将来に対する漠然とした不安と、それに立ち向かっていく姿を描く青春ストーリー…。 #漫画


【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

「ハチミツとクローバー」漫画の結末は驚きの連続!

「ハチミツとクローバー」は羽海野チカさんの作品で、美術大学に通う学生の日常や不器用な恋愛模様、将来に対する漠然とした不安と、それに立ち向かっていく姿を描く青春ストーリーです。ごく普通の学生であるである竹本祐太。留年を繰り返す謎の多い問題児、森田忍。天才と言われ多くの期待と注目にさらされながらも、自分の精神的未熟さゆえにプレッシャーに押しつぶされそうになる花本はぐみ。

この三人が出会った瞬間から三角関係が始まります。しかし、最終話では思わぬ展開が待っています。花本はぐみは、学祭の準備中に風であおられて落下したガラスの下敷きになって負傷し、右手が麻痺してしまうのです。懸命にリハビリを続けるはぐみ。そのそばにずっといてくれる男性は、果たして竹本祐太なのか、森田忍なのか...?と思いきや、この三角関係に突如足を踏み込むのが、彼らの美大の教師であった花本修司です。花本修司のいとこの娘が花本はぐみにあたり、警察官であるはぐみの父親の代わりとも言えるほど、彼ははぐみを幼少期から面倒を見て溺愛していました。その修司が、なんとはぐみのことを愛しているというのです。はぐみも「修ちゃんの人生を私にください。」と答え、プロポーズさながらの展開に。修司がはぐみのことを溺愛しているのは物語の随所に描かれているのですが、まさかそれが恋愛対象としての愛の形だと気づいていた読者はなかなかいないでしょう。

ありがとう寄稿。

ただ世間からはKYと言われている理由も分かります。

でもうのさんは今までの自分のKYから変わりたいということだったのですが、これはきっとお子さんがうのさんの考え方や生き方を変えるような存在なのだということが、うのさんの涙から伝わってきました。

しくじり先3時間スペシャル(神田うの、MAX、内山くん)感想!6年間も絶縁状態が続いていたなんて驚きです…(ネタバレ注意)。 #TV | アフィリエイト収入で生活したいブログ。