読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ジャンプ部屋ブログ

1994年頃から捨ててないジャンプで何かをしたいです。

スポンサーリンク

時代は第二次世界大戦中、イタリアのシチリア島をメインとした中年映写技師アルフレードと少年トトとの感動物語…感想レビュー「ニューシネマパラダイス」おすすめ泣ける映画(ネタバレ注意)。


【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

ニューシネマパラダイス~感動のラストシーン~

時代は第二次世界大戦中、イタリアのシチリア島をメインとした中年映写技師アルフレードと少年トトとの感動物語。
冒頭ではこの後にでてくる、少年トトが映画監督となり映写技師アルフレードの死を知らされることで虚無感を覚え少年時代のことを思い始める。
舞台となるシチリア島の村では唯一の娯楽となるものがニューシネマパラダイスという映画館であった。島民はそこに集まり映画を楽しんでいた。しかし、敬虔なカトリックの牧師の検閲があり映画のラブシーンとなるものは全てカットされてしまった。
映写技師アルフレードはその検閲を基にフィルムを編集するのであった。
少年トトはその映画館にことごとく通い、アルフレードの基へ通っていた。
ある日少年トトが原因で、アルフレードに怪我を負わせてしまう。
その後、トトの恋愛など話は続くのだが、アルフレードの言葉により島をでて、映画監督の道を歩むことになり成功する。
そこで有名になったトトはアルフレードの死を伝えられる。
葬儀に向かうためトトは村へ帰郷する。そこにはアルフレードがトトに宛てたフィルムが届くのであった。
ラストシーンはそのフィルムを観るトトの姿を描き、あの有名なラストシーンへ繋がっていく。
映画の内容ももちろんなのだが、エンニオ・モリコーネの音楽が更に映画を際立たせる。
感動のラストシーンを是非味わってもらいたい。

ありがとう寄稿。

裁判官のガレリアンの生い立ちや学生時代のエピソードから物語がスタートし、序章のガンダルフとエルルカの別れから始まるのは少しショックでした。ガレリアンがUSE暗星庁の裁判官になる夢を友人のロキに語るシーンは、ガレリアン自身が母親であるエルルカが魔女として処刑されたことに疑問を持っていたり、ロキからガレリアンは旧マーロン王家の血を引いていることから入庁試験に受からないのではないかと心配されたりと、大学生の友情の深さに興奮しました。

感想・書評「悪ノ大罪 悪徳のジャッジメント悪ノP(mothy)」ネタバレ注意・ガレリアンの判断力にシビれる(レビュー)。 #読書 - みんなの恋愛ブログ。