読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ジャンプ部屋ブログ

1994年頃から捨ててないジャンプで何かをしたいです。

スポンサーリンク

ご主人の愛情の深さに感動しました・感想レビュー「P.S.アイラヴユー」・おすすめ泣ける洋画・映画(ネタバレ注意)。


【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

P.S.アイラヴユーのご主人の愛情の深さに感動しました

情熱的な恋愛の末、結婚した夫婦がいます。どこにでもいる、仲の良い熱々の夫婦です。
奥様は天真爛漫で明るくご主人を心から愛しています。ご主人もそんな明るい奥様が大好きです。
しかし、ご主人は病気でこの世を去ります。子供のいない夫婦でしたしまだ若かったので奥様はとても落ち込んでふさぎこんでしまって、友人まで離れていきそうなくらい、どっぷりと悲しみに暮れていました。
そんな引きこもりな誕生日、奥様の元に一通の消印のない手紙が届きます。
差出人は亡くなったはずのご主人から!この日から奥様の悩めるタイミングでご主人からの手紙が届きます。毎回、奥様を想って奥様のためのアドバイスがあり、手紙の最後には必ず「P.S.アイラヴユー」で締められています。
死してなお、愛する妻の先を案じるご主人の愛情の深さと手紙の締めの「P.S.アイラヴユー」にキュンとします。
ふふっと笑えるラストシーンでのある意味良い裏切りもリアルで素敵です。
悲しみから立ち直って生きて行く準備を少しずつ始める奥様と、手紙から奥様のことを本当になんでもわかっているんだなとわかるご主人の気持ちを考えて想像しながら観ると、また数年経って観たいと思います!
きっと、観る私たちの立場や環境の違いで感想や見方が変わる映画だと思います!

ありがとう寄稿。

『蛍火の杜へ』は、夏に観たい切ないアニメ映画です。祖父の家を夏休みに訪れた少女、蛍は杜の中で高校生くらいのギンと名乗る男の子に出会います。しかし彼は人間の姿をしていますが、ある事情により杜のに棲む神によって生かされた存在でした。そのために脆く、人に触れられるとその存在は消えてしまいます。

感想レビュー「蛍火の杜へ」好きな相手に決して触れられない・おすすめ泣ける映画(ネタバレ注意)。 - ナカノちゃんねる